Technique Manual BY Tatsuya Ikezawa(Owner stylist)

This technique manual is open in public for individual use only.

If any salon, company wants to use this manual please e-mail to tatsuyaikezawa@gmail.com

 

I'm glad if this manual helps to softens hair stylists anxiety and make happier to people all over the world  

If there is question or point to correct feel free to ask.

tatsuyaikezawa@gmail.com

Liscio Japanese straightening

We use Milbon Liscio. http://www.milbon-usa.com/product/liscio-thermal-retexturizing/

1、Consultation&Hair history. You should confirm before you start.

 It is one of the most important step for success.

 

 ・Chemical history (past 5 years) specially for hair color.

  Even if you think there is no chemical on it you should better to ask.

Some clients make hair color and back to natural hair color.

Some clients hair looks colored but it happens by the sun light.

 

  "Do you have any chemical on your hair for past 5 years."

 

Colored hair and natural (no colored)hair has different chemical reaction. 

If you use too strong 1st solution and get over processed, it can never fixed without cut.

 

What kind of straightening your clients want. 

Need to have a same idea with clients.

 

Sometimes picture helps.

 

Pin straightening. Frat iron.

 

Natural straight,Ends curl or only for no frizz.

 We sometimes use no straightening iron for natural straight.

 Sometimes we do roots to middle Japanese straightening perm.

 Middle to ends digital perm.

 

Different way/technique and tools are used for the target of straightening perm.

 

Important point

Below is the list you have to know before you start the straightening perm.

・Make bangs or change part.

It is hard to change the part and hair direction after the straightening perm so you should change the clients part and start it.

Also you should make/cut the bangs before you start to do it.Does not have to complete cut)

Bangs finish the iron for natural in curl .

 

・Change the hair style.

Make shorter length more than 3 inches better to cut quick cut first then start.

Make shorter time and use less products. 

After ironing give real hair cut.

 

Tell the demerit to the clients before you start.

・Straightening perm may fade the hair color.

・Straightening perm make flat and less movement.

・May get dry your hair.

・Bangs but does not last compare to long hair.

・Once you start it you have to keep doing this perm every 6 to 10 months.

 

 

 

 

2, Technique and check for the step by step. 

 

Basic  If there is no chemical on hair.Comb though and hair get straight good time to rinse.

We mix cream type and gel type 10:1. Make easier to apply and check the time to rinse.

 

Caucasian hair : 1st solution strong 15min

Asian hair : 1st solution normal 15min 

  

After consultation.

Shampoo and conditioner. If client shampoo already, water spray is ok too.

 

If clients has already straighten hair by perm and this pert of hair is still straight well we only need to do re-glow part of the hair. Use protection cream for protection the straight hair.

 

We usually star to apply first solution from the nape part. Most thick hair and take longer time to make softer.

 

If clients has baby hair usually face line and outline use protection 50 for protect there week hair.

There baby hair usually need less time to softer.

 

If you thing takes longer time to apply whole hair (more than 15 min), you can start to adjust bit weaker 1st solution and make stronger and stronger close to finish.

 

If Clients hair is easy to get tangle you should comb though well before you star to apply first solution otherwise it takes much longer time to apply first solution. Better to apply solution as same time as possible for soften the hair equally.

Protection cream and some pre-treatment(ppt) make more tangle so better to use minimum amount.

 

Colored hair may better to apply 1st solution for 2 people. Colored hair has less waiting time to rinse.

 

How many minutes there is a wait time after apply first solution for the each different hair type.

Single permanent color. Color is close to own color or gray cover.  

Caucasian hair : 1st solution normal + mild start.  normal finish. 5 to 10 min.

Asian hair : 1st solution normal + mild start. normal finish 5 to 10 min.

We sometimes touch up the color and straightening later in same one day.

It make easy for the straightening perm too.

Color should be 1 or 0.5 level darker than target color. Straightening perm make bit lighter. 

 

Hair color is lighter than 3 levels from the natural color.

1st solution is going to react first so better to apply as first as possible. within 10 min or adjust by the protection cream.

Caucasian hair : 1st solution mild start.  around 5 min to rinse.

Asian hair : 1st solution mild start. within 5 to 10 min to rinse.

Check the hair all time after apply 1st solution.  Comb though and hair get straight rinse.

 

Breached hair.

1st solution is going to react very first so better to apply as first as possible. within 10 min or adjust by the protection cream.

Explain possibility of get dry the hair. Better not do the perm. Recommend keratine or other type of treatment.

 

 

Semi-permanent color

 Because semi-color is milder than permanent color hair is close condition to no chemical hair.

Caucasian hair : 1st solution Normal 10 to 15 min.

Asian hair : 1st solution normal 10 to 15 min.

Check the hair frequent about every 2 min.  Comb though and hair get straight rinse.

 

・Manicure color

 Same condition of no chemical hair.

Caucasian hair : 1st solution Strong 10 to 15 min.

Asian hair : 1st solution normal 10 to 15 min.

1st solution take manicure away(not 100% though) so tell clients about it.

   

   

 

 

 

 

 

 Liscio 1st solution gel type.

なお、ヘナ等のカラーをしているとストパーに影響があるとの情報があるが、影響を感じたことはない。

インド系、アジア系がたまにしている場合があるが、最近はアンモニアフリーのカラー材も増え、ヘナを使う人は少なくなった。

 

ハイライト毛への施術

ロートーンのハイライトであればシングルカラーと同様に施術する。ブリーチ後のトーンダウンの場合はブリーチハイライトと同様の施術方法。

毛先、特に顔周りの明るい毛、傷んでいる毛にはプロテクションを塗布し、オーバープロセスを予防する。

主に使うプロテクション、50(Knoture 0)  、70、90

50は1液の力を50%弱めるという意味。

 

ハイライト毛の施術の注意点として、カラーされていない髪の毛とカラーされている髪の毛が混合されている状態なので、いかに同様になんかさせるか。

 

シングルカラーの様にカラー毛とバージン毛で1液を使い分けることは実質的に不可能なので、ハイライト毛にプロテクションクリームを塗布し、できる限りバージン毛と同じ軟化速度にする。

尚PPT等を塗布するとある程度バージン毛とハイライト毛の軟化時間は近くなる。

 

目安としては

ブリーチハイライトにはプロテクション90

ブリーチ以外のハイトーンのハイライトにはプロテクション70

地毛+3レベルいないのハイライトにはプロテクション50

 

100パーセントハイライト毛をピックアップすることは不可能だが、特に顔周り、分け目付近はできるだけハイライトとピックアップする。髪の毛は乾いた状態のほうがピックしやすい。受け手の手にプロテクションがついていると、プロテクションが不必

要な場所についてしまうので濡れタオルなどでその都度ふき取る。

 

ケラチントリートメントとの併用

 

ハイトーンのハイライトをしていてストパーでは対応できない場合、ストパーとケラチントリートメントを混合して行う。

例、ブリーチのハーフハイライトをしている場合。

トップ:ケラチントリートメント ミドル、ネープ:ストパー

 

オーバープロセスのFIX、毛先のおさまりが悪くなった場合、絡まりやすい場合。

ストレートパーマ後にケラチントリートメントを行うこともある。

 

 
アイロン
分け目を確認し、アイロンの前に髪は完全に乾かす。根元が自然と立ち上がるように丁寧にブローを行う。
特にハチした、耳回りなどはきちんとブローをしてからアイロンをしないと根元が折れたり、つぶれた仕上がりになってしまう。

普段の分け目で仕上げる(分け目が決まっていないときは真ん中分け) ショート、ボブスタイル、前髪などの短い場合はラウンドに仕上げる。毛先が自然と落ちるように。 一液を塗布していない場所もある程度しっかりアイロンで伸ばしておく。1液がついていたり、1液流しの時に軟化している場合があり、
仕上がりがフリージーになってしまうことがある。
オーバープロセスでフリージーになった場合は事前にアイロン系のラウンドブラシでブローをして伸ばし、 中温(140前後)でアイロンをするとフリージーを軽減できることがある。 2液は1液を塗布したところは確実にカバーする。 前髪はハイライトペーパーではさみ、内巻きで止めておく。割れないようにするため。 化学反応で2液が熱をもち、その熱が冷めれば流してよい。おおよそ5分。 このマニュアルは私の経験を元に書かれたものなので、この技術方法が全て正解ということではありませんが参考にしてもらえたら思います。 「ストレートパーマ講習(白人等)」希望の方、連絡頂ければ有料で講習いたします。 tatsuyaikezawa@gmail.com まで連絡お願いします。
July 21st 2017

 

 

 


デジタルパーマ理論。 施術時間は2時間半以内が理想。(スキャルプマッサージ、ショルダーマッサージ込) デジタルパーマと縮毛矯正は熱の力で曲げる
か、伸ばすかの違いで基本的には同じ理論。 いかに最低限の痛みで最大限の効果を出すか。 そのためには
1液の施術が特に大切。 オーバープロセスさせると修復不可能。 カウンセリング ケミカルヒストリーは必ず確認すること。特にカラーの有無とストレートパーマの有無。  カラー、ストレートパーマをしている場合はダメージ、カールがだれる可能性があることを伝える。  ※アジア人であれば、ある程度のカラー、ストレートパーマなどは対応できるが、  白人の場合はカラー、ストレートパーマをしている場合は施術はしない方が良い。  将来的に、薬の向上、知識の向上などでできるようなるかもしれないが。  かかるかどうか判断しにくい場合は、実際に1センチ四方くらいで髪の毛を取って実際にパーマをかけてみる。
 時間も手間もかかるが、一番確実。お客様とカールのイメージが共有できるので失敗が少なくなる。 最初にカット。(ワックス等が付いていなければそのままカットをし、シャンプー→1液塗布。) カットの際はパーマをかけた後のイメージ意識しカットする。 ハチ下、耳回りなどの重くなりやすいエリアの毛量調整を行い、パーマが均等にかかるように調整する。 一液選定、パーマのかかっていないエリア アジア人、バージン毛。ノーマル+ボトルN 加温10分~15分 アジア人、カラー毛、カラーによって異なるが、ノーマル+ボトルN 5分~10分以内
デジパーがすでにかかっているエリア ノーマル 自然3分~5分 コーミングしてカールが伸びたら。 白人バージン毛。ストロング加温15分前後。白人のカラー毛は相当の経験、自信がない場合以外やらない方が良い。
デジパーがすでにかかっているエリア ノーマル 自然3分~5分 コーミングしてカールが取れたら。
アジア人(ロングヘア)ロッド選択の目安。 大きいカール、24ミリ、22ネープミリ 辺り 普通のカール、22ミリ、20ミリ レングスが肩位の場合はネープライン18ミリ ※27ミリはほとんどカールは出ない。Sカールがぎりぎり出る位。 白人、ファイン毛(ロングヘア) 大きめカール 20ミリ以上だとカールがほとんど出ない。 普通のカール。18ミリ~16ミリ。 ネープ16ミリから12ミリ。 ファインヘアでカールが出なさそうな場合は14ミリ~12ミリで巻く。 90度で15分でほぼ100%熱は伝わる。

カラー毛 90度 10分以下
ダメージ毛 80 10分以下 パリパリに乾いていなくてもカールは出るので、過度な熱は当てないようにする。 コードの接続、ロッドの接続、ロッドが壊れているなどの理由でロッドが暖まらない場合があるので、 5分くらい経ったら実際に熱くなっているか確認する。 一本でもロッドが熱くならないと、同じ時間のやり直し時間がかかるので気を付ける。 ロッドに付いている熱で色が変化するゴムの色を見れば熱くなっているか分かるが、
実際に触って確認するのが確実。 ※日本人以外のアジア人は22ミリ以上使わない方が無難かも。
 ある程度しっかりとかかっていないとパーマがかかっていないと感じる人が多い。  カウンセリングの時に、大きいカールが欲しいと言って実際にそうすると、
 掛かっていないと認識されることが多いので。 白人にパーマをかけるときには、過大な期待はかけない方が無難。
しっかりとかからないことを前提として、それでも良いならという感じで。 ドライヤーで乾かすと、ツイストして乾かしてもどうしてもだれてしまうので、
ライトに入れて自然乾燥させるのもあり。

実際に白人にかけたパーマの写真を見せる。 リシオのマイルドだとカールの出が悪い気がする。 前髪の微妙なニュアンスカールはカーリングアイロンで出すと楽。 ロッドで毛先のみだと、ロッドが落ちてしまうことがあるので。
ロッド構成は基本的に平巻。

アウトラインはリッジの出るカールが欲しいことが多いので、
毛先まき、ダウンステム。

ゴム跡がつかないように必ずすべてのロッドにピンを使う。